ABOUT気持ちや思い出を
「かたち」に残す

ブーケをプレゼントしたり、コサージュで着飾ったり、あるいは部屋の飾りとして。ドライフラワーにはいろいろな用途があって、しかも長い間楽しめるのがいいところです。生花は枯れてしまいますが、ドライフラワーならもらった瞬間の気持ちや思い出をいつまでも残しておくことができます。振り返って楽しむ、懐かしむ。タイムカプセルのようなプレゼントが、ドライフラワーです。


大切な人への想いやメッセージをきちんと伝える、 贈るシーンや相手のことを詳しくヒアリングし、花に意味を持たせてデザインします。また、花の名前や花言葉も添えています。

お年寄りから小さい子どもまで楽しめる花屋でありたい。花は国も性別も年齢も超えて愛されるもの。リーズナブルな花も置くことで、お子様のお小遣いでも買えるようなリーズナブルなお花も置いています。また、触れるドライフラワーのコーナーもあるので、お子様と一緒にお楽しみいただけます。

ユニークなギフトの例として、絵本とお花のセットをご用意しています。贈る方の想いに合わせた絵本を一緒にすることで、思い出深い一品になります。お子様へのプレゼントはもちろん、大人にも響くストーリーもたくさんあり、その世界観をアレンジで表現するなど、長く愛される花づくりを心掛けています。

花の感動を「かたち」で残す店主プロフィール

店主 山本いすず
1993年に神奈川で生まれ、大阪で育ちました。 大学で児童教育や児童文学を学んだのち、バックパッカーとして一年間かけて世界を一周。ミャンマーで出会った友人との別れ際に花を贈られたことをきっかけに、花屋になろうと決意しました。 帰国後、大阪の町の花屋や結婚式場の花屋で経験を積んでいくなかで、自分のお店を持ちたいという思いが日に日に増してきました。そんなある日、バックパッカーの旅の途中で出会った友人から「新潟県の燕市でゲストハウスを開くからその一角でお花屋さんをやらない?」と声をかけてもらい新潟へ移住。 ゲストハウスのスタッフとして働きながら2019年9月「ドライフラワーショップ Tette」をオープン。2020年12月には同じサンロード宮町商店街内に広々と花材をディスプレーできる場所が見つかり移転オープンしました。

世界中を周り、花についての見識を広げることができた経験は私の宝物です。かつての旅で自分が受け取ったように、花を贈る・もらう感動を「かたち」に残したい、長く愛でてもらいたい想いから、ドライフラワー専門のお店をつくりました。 贈るシーンに合わせ、世界観を大切にしたギフトが得意ですが、時に個性的な、また時にはワイルドなアレンジも手がけます。性別や年齢、国籍をも超えて愛されるようなドライフラワー専門店を目指して。お客様の声に耳を傾け、感動をお届けしていきたいと考えています。

TOP